スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
めがね織りのカバン
P1060855.jpg
ずいぶん前に作っためがね織り・・・。
房の始末もせずに放置状態・・・、なんか使い道がなくなってしまって。
アブリルの見本にカバンが登場してたので私もマネしてみようかと。
偶然春らしい色合いで作ってたので今から活躍するかなぁと。

とカバン作りに挑戦しました。

アブリルのカバンは網代織りで裏表がないので縁を織り返して
フリンジを生かしたデザイン。
でも眼鏡織りは裏表があり、縁の部分を裏返すとやぼったい
感じになったので、織り返すのはあきらめて
フリンジだけが自然にフリフリする感じにしました。

ミシンがないので先週実家へ帰ったときに内側部分の布を縫ってきて
斜めがけカバンにしたかったので、ヒモにしようか皮にしようかとか
いろいろ悩んで手芸屋さんへ2回通って、光沢のある綿ベルトに決定。

これらを縫いつけるのが又一苦労でした。
P1060857.jpg
いろいろ粗もありますが、なんとか完成しました。

残念なことにいざ斜めがけしてみると、少し短かった・・・・・。
でも初めてのカバンやし、気に入ってるし、ガンガン使います~~。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。