スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
湯村温泉へ行ってきました。
昨日から一泊で湯村温泉へ行ってきました。
湯村温泉って「夢千代日記」の温泉、でも「夢千代日記」って
吉永小百合位しか知らんけど・・。ってノリで行ってきました・・・

昨日は早めに出たにも関わらず中国自動車道はすでに渋滞17kmちゅーことで
一般道とかを使ったりしながら、私が「世界砂像フェスティバル」へ行きたかったので
一路鳥取砂丘を目指しました。
しかし!!砂像フェスティバルとGWを侮ってました
駐車場はどこも満車の上、空き待ちの長蛇の車列。
Pからはシャトルバスに乗るのですがバス乗り場も長蛇の列・・・。
なんとか会場に辿り着けてもPまで帰るのにかかる時間が読めないので
今回は温泉がメインやし、着くのが遅くなってバタバタするのも嫌なので
泣く泣くあきらめました。
しかし私は○十年振りの砂丘、ここまで来て素通りは悲しすぎるので
偶然空いた土産物屋のPに車を止めていざ砂丘へ。

思ってたより広かった。向こう側まではるかに遠く、しかし海はブルーに美しく、
とても感動しました。
P1040133.jpg

湯村には夕方到着。
お宿もお部屋もそこそこいい感じでした。
湯村の町はこじんまりしてちょっとお散歩にはちょうど良く。
荒湯ではみんな卵を購入しゆで卵を作ります。
地元の方は筍やらや鍋やら茹でてはりました。ザルに入ったキャベツまで。
P1040221.jpgP1040220.jpg
 
ゆで卵は川沿いで足湯しながらいただきます。
温泉に含まれてる重層の効能で中はホクホクしておいしい~~
P1040172.jpg

貸切露天風呂。新緑が美しい山を眺め、ヒンヤリしてきた外気が気持ちよい。
お風呂はそこそこ広く洗い場付き、脱衣所もキレイでちょっとスパ気分。
お湯はまさに適温でのぼせやすい私でも長いこと入ってられます。
P1040192.jpg

お食事は海の幸+但馬牛でマタマタお腹いっぱいで倒れそうでした。
別で注文した「あわびの塩焼」最初びっくりしました。
P1040224.jpgP1040225.jpg

食後入った女湯は別棟になってて情緒あふれる渡り廊下を通ってテンション
P1040226.jpg
お風呂は大浴場、露天、サウナ、炭酸泉、超音波、泡風呂。
またまた適温な上にどれも気持ち良くって1時間以上入ってました。
お肌はツルツル、ハリアップ

泊まったお宿は「とみや」さん。1階ロビー併設コーヒーショップ、
外席には足湯もあります。
P1040237.jpg

湯村温泉はお湯はとってもいいと思うけど、町にお店が少なく、ちょっと立ち飲みとか
皆無。そして閉店時間が早すぎ!!
私みたいにお風呂入っておいしいもん食べれたらいい!って人間には
ええかもしれんけど、ちょっと旅館の外でも遊びたいって人にはつまらないかも。
そしてGWにもかかわらず人出が伴ってないのが気になりました。

翌日は出石でうまい蕎麦を食べる事を目的に、適当にドライブ。
いったん日本海へ出て海沿いを走ったり。空いてるので快適ドライブです。
出石では打ちたて・切りたて・湯がきたて!の十割蕎麦を堪能。
生わさびを自分で擦ってお蕎麦にからめてだしにさっとつけて食べると
お蕎麦のいい香りとワサビのいい香りが絶妙のバランス~~~~。
擦りたての生わさびは全然ツーンとしません。
P1040258.jpgP1040257.jpg私的には肉よりあわびよりおいしかったかも・・・

腹ごなしに出石の町をブラブラ。
豆系を売ってる店が多かった。
出石城への参道?はお稲荷さんのように鳥居が続く・・・。 P1040273.jpg

お天気にも恵まれて、山々は新緑のツヤのある薄みどりや黄緑に
山桜のピンク、藤のムラサキと、目の保養にもなりました。
スポンサーサイト
テーマ:温泉旅行
ジャンル:旅行
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。